砺波、南砺の108店 お得に食べ歩きを 「グルめぐり」始まる

2020年9月26日 05時00分 (9月26日 10時16分更新)
居酒屋「市山」がとなみ野グルめぐりで用意した焼き魚定食=砺波市高波で

居酒屋「市山」がとなみ野グルめぐりで用意した焼き魚定食=砺波市高波で

  • 居酒屋「市山」がとなみ野グルめぐりで用意した焼き魚定食=砺波市高波で
 チケットを買って砺波、南砺市でお得なメニューを食べ歩く「となみ野グルめぐり」(北陸中日新聞後援)が二十五日、両市内の飲食や菓子、パンなど百八店で始まった。毎年恒例のイベントで、今年は新型コロナウイルスで打撃を受けた飲食店の活性化にもつなげる。十月三十一日まで。
 砺波市高波の居酒屋「市山」は、六百円のチケットで食べられる期間限定ランチとして日替わり焼き魚定食を用意。サラダやコーヒーも付く。市山栄進代表(66)は「骨を除いてあるので年配者も食べやすい。魚の種類やたれは日ごとに変わるので何度も来てほしい」と話し、「グルめぐりがコロナ以前に戻るきっかけになるといい」と期待した。
 チケットは三千円(六百円券五枚)。参加店やチケット販売店は「となみ野グルめぐり2020」のホームページに記載している。

関連キーワード

PR情報