刈谷市の日高小で新聞切り抜き作品講座

2020年9月24日 05時00分 (9月29日 10時25分更新)

新聞を広げ、関心のある記事を探す児童たち=愛知県刈谷市の日高小で


 愛知県刈谷市日高小学校で二十三日、NIE出前講座があり、三年生が中日新聞NIE事務局の岩井伸江コーディネーターから「新聞切り抜き作品」の作り方を学んだ。
 新聞を教育に活用するNIE実践指定校に指定されている日高小では週一回、新聞記事をテーマに児童同士が意見を発表し合うことを教育活動に取り入れている。
 岩井さんは、新聞が一面から始まって政治経済、国際、社説、スポーツ、三河の地域ニュースまであることを説明。「伝えたいニュースには大きな見出しがついています」と話した。
 さらに関心のある記事を切り抜いて紙に貼り、選んだ理由を文章にするよう指導。プロ野球中日ドラゴンズの勝利やヒガンバナの見ごろといった身近な話題のほか、欧州で新型コロナウイルスの感染が再拡大しているニュースを切り抜いた子も。児童たちは「一日分の新聞の中にいろいろな記事が詳しく書いてあることが分かった」と感想を述べていた。
(9月24日付 中日新聞朝刊西三河版より)

関連キーワード

PR情報