本文へ移動

世界に先駆けて韓国女子ゴルフが14日トーナメント再開…賞金は過去最高額「次大会以降はこの大会見てから」

2020年5月12日 22時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
イ・ボミ

イ・ボミ

<申ジエらマネジメント 金愛淑プロに聞く>
 世界中のゴルフツアーがストップする中、14日から韓国・楊州のレイクウッドCCで、KLPGAチャンピオンシップ(韓国女子プロゴルフ選手権)が無観客で開催される。入念な健康チェックや消毒など新型コロナウイルス対策がされており、無事成功すれば大きな指針と希望になりそうだ。1998年のダイキンオーキッドレディスで優勝するなど活躍し、現在は申ジエら後輩選手のマネジメントも手掛ける金愛淑(キム・エイスク)プロ(56)が情報収集してくれた。
 近年の女子ゴルフ界を席巻する韓国選手が世界に先駆けてトーナメントを再開する。すでにプロ野球やサッカーのKリーグが開幕。政府が「社会的距離を維持しつつ、一部の制限を緩和する。屋外スポーツも無観客試合など危険度を下げられれば可能だろう」と4月19日に発表したことから、今年初のトーナメント開催に踏み切ったという。
 金愛淑プロ「KLPGA(韓国女子プロゴルフ協会)臨時総会を開いて開催決定したそうです。韓国700万人のゴルファーをテレビの前に座らせよう!ということで、まずは選手権をと」
 当初は公式タイトルスポンサーなしにKLPGA基金だけで昨年の大会と同様の賞金総額23億ウォン(約2億160万円)、優勝賞金2億ウォン(約1750万円)と捻出するとされていた。しかし、建設業などで知られるホバングループが約4億ウォンの支援を決定。最終的に総額30億ウォン(2億6300万円)という韓国女子ツアー史上最高額の大会となった。
 出場選手も同史上最多の150人。4日間大会で、第2ラウンドが終了した時点で102位タイまでが決勝ラウンドに進み、第3ラウンド終了時の70位タイまでが最終日に進出できるというMDF(セカンドカット)方式を採用する。
 賞金配分も独特で、従来は総額の20%だった優勝賞金は7・3%の2億6700ウォン(約2340万円)。その代わりに、出場選手全員に賞金が渡され、仮に最下位の150位で予選落ちしても624万6667ウォン(約55万円)を獲得できる仕組みになっている。
 金愛淑プロ「SBSゴルフチャンネルが1日9時間の生中継を予定しているそうです。無観客で選手の家族もコースには入れませんが、注目度は高いし、長時間の放送でスポンサーの露出も大きいことが賞金アップにつながったと思われます」
 『コロナ克服、大韓民国ファイト!』のスローガンを掲げ、世界ランク3位の朴城ヒョン(パク・ソンヒョン)、同6位の金世ヨン(キム・セヨン)、同10位の李晶恩(イ・ジョンウン)6らが参戦。日本ツアーからもイ・ボミ、アン・ソンジュ、ペ・ソンウが出場する。
 感染予防のため、事前のアンケートと検温を実施し、練習場の入り口には特殊紫外線(UV)殺菌消毒器を設置する。打席やロッカーは間隔を空けて使用し、シャワーは閉鎖。ラウンド中の握手やハイタッチは自粛し、競技委員はマスクとビニール手袋を着用するなど特別プロジェクトチームが綿密なチェックリストを作成しているという。
 金愛淑プロ「ただ、次大会以降の開催は全て未定なんです。この大会の結果を見てからの判断。だからこそ成功させないと、とみんなの意識は高まっています」
 “新型コロナ克服“への第1ラウンドは、14日の午前6時10~20分にスタートする。
申ジエはエントリーせず「日本が再開しないと…」
 ◎…世界ランク1位の高真栄(コ・ジニョン)や、リオデジャネイロ五輪金メダルの朴仁妃(パク・インビ)は若手選手に出場機会を譲りたいとしてエントリーを辞退した。日本でプレーする申ジエも「(自分の中で)メインの日本ツアーが再開していない状況では、優勝を目指して戦う意欲が湧かない」とエントリーしなかった。一方、日本で調整していたペ・ソンウは4月下旬に帰国。9日まで2週間、自宅で待機して10日から練習を再開したという。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ