本文へ移動

米男子ゴルフのトップ4が17日にコロナ対策支援の無観客チャリティーマッチ 「安全な競技」アピールも

2020年5月5日 12時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロリー・マキロイ

ロリー・マキロイ

 新型コロナウイルス対策のため、男子ゴルフの世界ランキング1位ロリー・マキロイ(英国)らトップ選手4人が17日に米フロリダ州でチャリティーマッチを行うことが4日、発表された。支援金を集めるとともに、ゴルフが他者との間隔を空けるソーシャルディスタンス(社会的距離)を守って安全にプレーできる競技であることをアピールする狙いもある。
 参加するのは他に、元1位のダスティン・ジョンソン、人気抜群のリッキー・ファウラー、若手の旗手マシュー・ウルフ(いずれも米国)。マキロイ&ジョンソン組、ファウラー&ウルフ組に分かれ、スポンサーである米大手医療保険グループからの賞金300万ドル(3億1800万円)を受けてスキンズマッチ(1ホールごとに勝った方が懸け金を奪い合う方式)で戦う。マキロイ組は米看護師基金、ファウラー組は米疾病予防管理センターに獲得全額を託すことになっており、試合結果で賞金の行方が左右されるのが特徴。無観客だがテレビ中継され、視聴者からの支援金も呼び掛ける。
 マキロイは「選手は別々のカートで移動し、2メートルの距離をきっちりとる。そうすれば、ゴルフが楽しめることを示したい」と意義を説明。ファウラーも「世界中の人々がスポーツを求めている。この試合がスポーツ再開最初のイベントになるだろう。興奮している」とコメントした。
 コロナ対策のゴルフイベントは、タイガー・ウッズとフィル・ミケルソンがNFLのペイトン・マニングさん、トム・ブレイディ(いずれも米国)と組んで今月中に行うことが発表されているが、詳しい日時は未確定。マキロイらのイベントが先行することになりそうだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ