飲酒運転、周囲が注意を 秋の交通安全運動、名張で通学路見守り

2020年9月25日 05時00分 (9月25日 15時45分更新) 会員限定
蔵持小に登校する児童と見守りボランティア=名張市蔵持町原出で

蔵持小に登校する児童と見守りボランティア=名張市蔵持町原出で

  • 蔵持小に登校する児童と見守りボランティア=名張市蔵持町原出で
  • バス停で男性2人をはねた飲酒運転の乗用車=2017年9月4日、名張市つつじが丘北1番町で(一部画像処理)
 日没の時間が早まり夕方の見通しが悪くなる季節の事故防止を図ろうと、秋の全国交通安全運動が三十日まで各地で展開されている。名張署管内では地元の交通安全協会などボランティアが、早朝から通学路の見守りをしている。三年前に飲酒運転による死傷事故が起きた名張市内では今月に入り、飲酒が原因とみられる事故が続いており、関係者は警戒を強めている。(帯田祥尚)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

三重の最新ニュース

記事一覧