本文へ移動

イ・ボミ、韓国女子プロ選手権最終日進出逃す「久しぶりの試合でアイアンの距離感がつかめず…」

2020年5月16日 19時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
最終日に進めなかったイ・ボミ(AP)

最終日に進めなかったイ・ボミ(AP)

◇16日 韓国女子プロ選手権第3日(京畿道楊州レイクウッドCC、6540ヤード、パー72、賞金総額30億ウォン=約2億6100万円)

 前日まで首位のペ・ソンウは72とスコアを伸ばせず、通算12アンダーで首位イム・ヒジョンと3打差の2位に後退した。イーブンパー62位タイまでの72人が最終ラウンドに進出、アン・ソンジュは2オーバー、イ・ボミは5オーバーで最終日に進めなかった。

 ▽イ・ボミ(この日72、97位で終了)「久しぶりの試合でアイアンの距離感がつかめず、なかなかイメージ通りにはいかなかった。練習グリーンでは必ずマスクを着用し、毎日体温チェックも欠かさず行い、みんなが感染しないように対策が徹底されていた。不便な部分は特になかった。早く日本のツアーも始まってほしいなと思った。韓国ではこの後の試合も開催するそうだが、そこに出るかどうかは、現時点では決めていない」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ