本文へ移動

7月2日開幕予定のゴルフ日本プロ選手権(栃木・日光)は延期か中止 選手の移動リスクや観衆の安全確保に課題

2020年5月14日 22時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本プロゴルフ協会の倉本昌弘会長

日本プロゴルフ協会の倉本昌弘会長

6月15日の理事会で最終判断へ

 日本プロゴルフ協会(PGA)は14日、新型コロナウイルス感染拡大のため、男子プロ日本一を決めるメジャー戦、日本プロ選手権(栃木・日光)を予定していた7月2~5日には開催しないと発表した。延期か中止を検討しており、6月15日の理事会で最終的に判断する。選手の移動リスクや観衆の安全確保を課題として挙げている。
 昨年の大会では石川遼(カシオ)が2年11カ月ぶりのツアー優勝を飾り、今年は連覇が大きな焦点になっていた。倉本昌弘PGA会長は「自粛要請は各地域によって緩和していくことが予想できるが、広い地域から選手、関係者の移動リスクやギャラリーに対しての安全確保を十分に担保することができない」と見送る理由を説明した。
 国内男子ツアーは1月のシンガポールOP(アジアツアー共催)で開幕したが、その後はウイルス禍のため開催できず、これで8試合連続の中止・延期。再開は早くて7月8~12日のゴルフパートナー・プロアマ(茨城・取手国際)となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ