本文へ移動

世界1位コンビが自らバッグ担ぎプレー…チャリティーマッチ実現にトランプ大統領「スポーツ再開素晴らしい」

2020年5月18日 13時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
チャリティーマッチに出場したDジョンソン(左)とマキロイ(2018年撮影、AP)

チャリティーマッチに出場したDジョンソン(左)とマキロイ(2018年撮影、AP)

 新型コロナウイルス対策のチャリティーとして、米男子ゴルフツアーのトップ選手4人が17日、米フロリダ州で2対2の18ホールスキンズマッチ(1ホールごとに勝った方が懸け金を奪い合う方式)で対戦した。無観客だがテレビ中継され、ツアー中断から2カ月ぶりにツアープロのプレーが展開された。トランプ米大統領も喜びのコメントを寄せた。
 出場したのは現・元の世界ランク1位コンビ、ロリー・マキロイ(英国)&ダスティン・ジョンソン(米国)組とリッキー・ファウラー&マシュー・ウルフ(いずれも米国)の若手人気者組。賞金300万ドル(3億2100万円)をめぐって激しいバーディー合戦を繰り広げた。視聴者からの寄付金も集まり、総額500万ドル(5億3500万円)が医療機関などに寄付される。
 4人はキャディーなしで全員自らバッグを担ぎ、距離計測器を使用。ショートパンツとカジュアルな服装で、マイクを付けてプレーした。マキロイは「やっと試合ができて、とても気持ちがよかった。久しぶりにアドレナリンが出た」と笑顔。番組中に電話インタビューで登場したトランプ大統領は「大好きなゴルフがしばらくできていないのは残念だが、こうしてスポーツが再開されることは素晴らしい」と話した。
 米男子ツアーは6月11~14日のチャールズ・シュワブチャレンジ(テキサス州)から再開を予定している。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ