本文へ移動

江南厚生病院の看護師らがオンライン市民講座 コロナの実態と対策学ぶ 

2020年9月25日 05時00分 (9月25日 13時00分更新)
オンライン講座で防護具の着け方を実演する大城さん(右)と舟橋さん

オンライン講座で防護具の着け方を実演する大城さん(右)と舟橋さん

 新型コロナウイルス感染症の実態や対策を学ぶ市民公開講座「プロに聴く コロナの『渦』の渡り方」が二十日、オンラインで開かれ、約八十人が効果的な予防方法などをあらためて学んだ。講師の江南厚生病院(江南市)看護師、大城和人さんは感染防止策を説明。「手洗いのときは、食器を洗うときと同じように力を入れてこすることが重要。肌をなでるだけではダメ」と強調し、正しいマスクの着け方も解説した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧