地球と生活「しま模様」に迫る 若狭三方縄文博物館と県年縞博物館

2020年9月25日 05時00分 (9月25日 11時53分更新) 会員限定
鯖江市特産の木綿織物「石田縞」を使った制服のはかま=若狭町鳥浜の若狭三方縄文博物館で

鯖江市特産の木綿織物「石田縞」を使った制服のはかま=若狭町鳥浜の若狭三方縄文博物館で

  • 鯖江市特産の木綿織物「石田縞」を使った制服のはかま=若狭町鳥浜の若狭三方縄文博物館で
  • 隕石落下の痕跡を示す地層「K−Pg境界層」=若狭町鳥浜の県年縞博物館で
  • 世界最古とされる岩石「アカスタ片麻岩」=若狭町鳥浜の県年縞博物館で
 地層や民具に刻まれる「しま模様」をテーマにした企画展「シマシマが語る46億年の歴史」が、若狭町鳥浜の県年縞博物館と、隣接する若狭三方縄文博物館で開かれている。地球四十六億年の歴史上の出来事や、これまでの人々の生活ぶりが読み解ける。十一月二十三日まで。 (栗田啓右)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報