若狭ぐじ、鮮度保つには おおいで講習会、漁師ら神経締め学ぶ

2020年9月25日 05時00分 (9月25日 10時46分更新) 会員限定
アカアマダイを使って神経締めを教える子末さん(左)=おおい町の大島漁協で

アカアマダイを使って神経締めを教える子末さん(左)=おおい町の大島漁協で

  • アカアマダイを使って神経締めを教える子末さん(左)=おおい町の大島漁協で

 「若狭ぐじ」のプレミアムブランド創出を目指す県は二十三日、おおい町の大島漁協で、釣った魚の鮮度を保つ神経締めの講習会を開いた。今後、漁師らの意見を聞き、ブランド規格に神経締めを採用するか検討する。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

福井の最新ニュース

記事一覧