静大学長選に川田氏・日詰氏 浜医との再編焦点

2020年9月25日 05時00分 (9月25日 05時01分更新)
(左から)川田善正氏、日詰一幸氏、石井潔学長

(左から)川田善正氏、日詰一幸氏、石井潔学長

  • (左から)川田善正氏、日詰一幸氏、石井潔学長
 静岡大学長選考会議は二十四日、次期学長の適任候補者として、川田善正・工学部長(57)と日詰一幸・人文社会科学部長(65)の二人を公示した。静大は浜松医科大との再編・統合を巡り協議が続いている。次期学長は教職員による十月十五日の意向投票、十六日の開票などを経て、二十日の選考会議で決定する。
 再編を主導してきた石井潔・現学長は推薦を受けず、二〇二一年三月末の任期満了で退任する。副学長などを経て一七年四月、学長に就任し、一期目。
 浜松キャンパスにある工学部の川田部長は再編案を推進する立場。静岡キャンパスを拠点とする人文社会科学部の日詰部長は、静岡市と静大でつくる「静岡大学将来構想協議会」の委員で、現行の再編案には否定的な見解を示している。
 一九年三月に合意した再編案では、静大と浜松医科大で法人を統合し、静大浜松キャンパスの二学部(工、情報)と浜医大を一大学に、静岡キャンパスの四学部(人文社会科学、教育、理、農)で別の一大学とする。 (谷口武)

関連キーワード

PR情報