栄・錦 生活守れない 自粛解除1カ月、にぎわい程遠く

2020年9月25日 05時00分 (9月25日 05時01分更新) 会員限定
本来のにぎわいを取り戻せていない名古屋市中区の繁華街・錦三=24日夜(橋場翔一撮影)

本来のにぎわいを取り戻せていない名古屋市中区の繁華街・錦三=24日夜(橋場翔一撮影)

  • 本来のにぎわいを取り戻せていない名古屋市中区の繁華街・錦三=24日夜(橋場翔一撮影)
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、名古屋市中区の栄、錦地区の歓楽街に出されていた営業時間短縮や休業の要請が解除されてから、二十五日で一カ月。人出は戻りつつあるが、本来のにぎわいには程遠い。飲食店関係者は、見通せぬ先行きに「いつまで持ちこたえられるのか」と不安を募らせる。 (赤川肇、今村節、梶山佑)
 二十四日午後八時ごろ、繁華街・錦三で会った愛知県知多市の無職男性(68)は人通りのまばらな通りを眺めると、「二カ月ぶりに来たけど、まだガラガラ」と語った。これからキャバクラに向かうという。「マスクしていれば大丈夫だと思うけど」
 愛知県と名古屋市は栄、錦地区の飲食店でクラスター(感染者集団)が相次いだことを受け八月五〜二十四日、対象地域を限定した上で、接待や酒の提供を伴う飲食店などに午後八時までの時短営業や休業を求めた。応じた店には協力金として一日一万円を支給する。愛知県では四月中旬からの一カ月程度、地域を限定せずに接待や酒提供を伴う店に休業や時短営業を求めた。栄・錦の繁華街にとって八月の要請は、二度目の試練となった。
 スマートフォンの位置情報に基づく通信大手ソフトバンク子会社Agoop(...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

新型コロナ(ニュース)の最新ニュース

記事一覧