「昔は昔なんで」苦手“押し相撲”克服し朝乃山が自己最長タイ『9連勝』 優勝争いへ自分の相撲貫く

2020年9月24日 21時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
朝乃山(左)が押し倒しで大栄翔を下す

朝乃山(左)が押し倒しで大栄翔を下す

  • 朝乃山(左)が押し倒しで大栄翔を下す
 ◇24日 大相撲秋場所12日目(東京・両国国技館)
 東大関・朝乃山(26)=高砂=は、これまで5勝7敗の大栄翔に反撃を許す場面もあったが、左差しで流れをつかんで押し倒して自己最長タイの9連勝。課題としていた押し相撲の相手にも慌てることなく、「昔は昔なんで」と涼しい表情だった。
 1差で追う優勝争いも「自分の相撲を取れれば、結果は後からついてくる」とあきらめていない。大関の責任を果たしつつ、逆転のチャンスをうかがう。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ