バレーボール石川祐希がイタリアで通算1000点に意欲 新天地ミラノで「流れ変えるようなプレーしたい」6年目に挑む

2020年9月24日 21時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
新天地のミラノで飛躍を期す石川(所属事務所提供)

新天地のミラノで飛躍を期す石川(所属事務所提供)

  • 新天地のミラノで飛躍を期す石川(所属事務所提供)
 バレーボール男子日本代表で、イタリア1部リーグ・ミラノの石川祐希(24)が24日、オンライン会見した。27日に迫ったリーグ開幕戦では、イタリア挑戦6シーズン目にしてあと10得点に迫っている通算1000点も懸かる。「日本人がイタリアで1000点は素晴らしいこと」と意欲を倍増させている。
 強豪のミラノへステップアップして迎えた6年目。開幕前のカップ戦では2試合に出場し、スパイクの本数はチーム2位。サーブレシーブでも活躍している。「ディフェンスが大事だが、攻撃でも頼られている」。各国の代表クラスがそろうチームで、攻守に存在感を発揮している。
 開幕戦で達成が見込まれる1000得点を踏み台に、石川の理想は膨らむ。「今はジャンプが跳べている感覚がある。チームが悪いときに流れを変えるようなプレーをしたい」。日本のエースから世界のエースへ。飛躍のときは近い。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ