筒香がメジャー1年目で美酒!レイズが強豪ヤンキース君臨のア・リーグ東地区で10年ぶり優勝

2020年9月24日 16時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
メッツ戦で地区優勝を決め、チームメートと喜ぶレイズ・筒香(右端)=AP

メッツ戦で地区優勝を決め、チームメートと喜ぶレイズ・筒香(右端)=AP

  • メッツ戦で地区優勝を決め、チームメートと喜ぶレイズ・筒香(右端)=AP
 筒香嘉智外野手(28)が所属するレイズが23日、メッツ戦に6―2で勝利し、10年ぶり3度目のア・リーグ東地区優勝を決めた。筒香は「1番・DH」で先発出場し、4打数無安打1四球に終わったが、渡米1年目でチームに貢献した。
 渡米1年目の日本人選手が地区優勝を果たしたの2016年にドジャースに所属した前田健太投手以来。2位のヤンキースとは4・5ゲーム差をつけ、キャッシュ監督も球団公式サイトに「心の準備ができなかった。格別な気分」と喜んだ。
 筒香は今季48試合に出場し、打率1割9分5厘ながら、8本塁打、23打点と活躍した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ