ART SPACE MUSUBI(静岡市葵区) 若き芸術家 発表の場

2020年9月24日 12時29分 (9月24日 15時48分更新)
運営代表のYUIさん。ギャラリーが入る商業ビルの壁画を手掛けた=静岡市葵区鷹匠で

運営代表のYUIさん。ギャラリーが入る商業ビルの壁画を手掛けた=静岡市葵区鷹匠で

  • 運営代表のYUIさん。ギャラリーが入る商業ビルの壁画を手掛けた=静岡市葵区鷹匠で
  • ギャラリー会場の様子==静岡市葵区鷹匠で(ART SPACE MUSUBI提供)
 レンタルアートギャラリーとして二〇二〇年六月、静岡市葵区鷹匠に開業した。コンセプトは「アーティストと未来を結ぶ」。運営代表のYUIさん(24)は「若い人たちの発表の場にしたい。静岡でアートへの関心を高めたい」と話す。
 コーヒー店やカレー店、病院などが入る商業ビル一階に入居。鷹匠で多くの建物を手掛ける総合建設業「アンフィニホームズ」(葵区常磐町)が設計を担当した。ギャラリーの広さは二七・七平方メートル。黒と青の壁が印象的だ。
 「絵を飾るギャラリーは白い壁が多いイメージ。他にはない空間を目指した」とYUIさん。個展やグループ展、アート関連のワークショップやアトリエとして利用可能だ。
 YUIさんは「コロナの影響で自粛生活が長く続き、『何かを生み出したい』という気持ちを持つ人も多いはず」と語る。絵画教室なども開催できれば、と構想を膨らませている。
 静岡市出身。幼いころから絵を描くことが好きだった。東京工芸大に進み、江戸時代の浮世絵師、歌川国芳の画風に影響を受けた。「ダイナミックな構図と色づかいに力強さを感じた」。卒業後、鷹匠で計画されていた商業ビルの壁画の依頼を受け、静岡に戻るきっかけになった。タカやコイ、亀、富士山などをモチーフにしたイラストがビルの外壁に堂々と描かれている。
 YUIさんは「画廊というと、特に若い人は『気軽に入りづらい』と思ってしまうのでは。絵の経験やプロアマ問わず、夢を持った人なら誰でも作品を発表してほしい」と出展者を募っている。
 ギャラリーの貸出料金は平日が一日あたり五千円(税別)、土日・祝日が七千円(同)。月曜休み。(問)ART SPACE MUSUBI=054(292)6500、または=as.musubi@gmail.com (三宅千智)

関連キーワード

PR情報