レーン整備で自転車事故半減 ルール浸透には課題、意見を公募

2020年9月24日 05時00分 (9月24日 12時02分更新) 会員限定
国道153号に標示されている自転車レーン=豊田市小坂本町で

国道153号に標示されている自転車レーン=豊田市小坂本町で

  • 国道153号に標示されている自転車レーン=豊田市小坂本町で
 豊田市は二〇一五年度から本年度にかけて、自転車レーンの整備を進めてきた。車道左端などに水色の矢羽根型標示を見たことがある人も多いはずだ。市によると、道路標示を付けた後は、自転車事故が半数近く減少したというデータもあるという。ただ、歩道を走行する自転車はいまだに多く、今後は利用者の意識向上も併せて促すことが課題となる。 (生津千里)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧