冬支度前にソバ植えて応援、広がれミツバチの里 安城農林高

2020年9月24日 05時00分 (9月24日 11時15分更新) 会員限定
巣箱を確認して回る水野教諭=いずれも安城市の安城農林高で

巣箱を確認して回る水野教諭=いずれも安城市の安城農林高で

  • 巣箱を確認して回る水野教諭=いずれも安城市の安城農林高で
  • ソバの花で蜜を吸うミツバチ

 安城市の安城農林高校の校内にあるソバ畑で、ニホンミツバチが白い小さな花の間を飛び回り、懸命に蜜を集めている。同校では教員と生徒が、希少なニホンミツバチを保護する「プロジェクトBee(ビー)」に取り組んでいる。今年はソバを植えて花を咲かせ、秋の蜜源を確保。ミツバチに適した環境を広げる活動も始めた。 (四方さつき)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧