本文へ移動

プロに学ぶ!生の介護技術 知多翔洋高で実習、市社協職員が講師

2020年9月24日 05時00分 (9月24日 11時15分更新)
協議会の職員(中)から指導を受け、ベッド上の体位交換を学ぶ生徒たち=知多翔洋高で

協議会の職員(中)から指導を受け、ベッド上の体位交換を学ぶ生徒たち=知多翔洋高で


 知多市社会福祉協議会の介護福祉士が七月から、知多翔洋高校(同市)で介護技術の実習を行っている。看護師や介護士などを目指す生徒を対象に、ベッドメーキングや、おむつや寝間着の交換、ベッドから車いすへの移動に関する技術指導や、訪問介護の仕事の説明などをし、生徒たちも「生の技術を学べる」と手応えを感じている。 (福本英司)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧