映画「浅田家!」公開間近 津市がロケ地マップを制作

2020年9月24日 05時00分 (10月11日 19時47分更新) 会員限定
映画のロケ地や津の名所を紹介しているマップ=津市役所で

映画のロケ地や津の名所を紹介しているマップ=津市役所で

  • 映画のロケ地や津の名所を紹介しているマップ=津市役所で
  • 撮影で使用した衣装や舞台裏を紹介するパネルが並ぶ企画展の会場=津市一身田上津部田の県総合博物館で
 十月二日公開の映画「浅田家!」の舞台となった津市を訪れてもらおうと、市は企画展を市内五カ所で巡回して開いていく。ロケ地マップやのぼり旗も制作し、公開を目前に市全体で盛り上げていく。 (本間貴子)
 映画は、津市出身の写真家浅田政志さん(41)の写真集を原案に、浅田さんの幼少期から現在までを描き、家族写真と東日本大震災でのボランティア経験を通じて家族のあり方を問いかける。
 県総合博物館(一身田上津部田)では三十日まで企画展を開催中。映画のワンシーンのパネルのほか、撮影で使った消防服やカメラといった小道具、舞台裏の写真などが並ぶ。浅田さんが手掛けた津の名所や歴史をユーモラスに紹介した「津カルタ」も展示し、浅田さん自身の作風にも触れることができる。
 映画では高田本山専修寺、津ヨットハーバー、中消防署、津新町駅などで撮影が行われ、実名で登場する。ロケ地マップでは十二カ所を劇中のシーンを交えながら紹介し、ロケ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

三重の最新ニュース

記事一覧