与田竜総力勝ち 2回岡野に攻め采配ズバリ 代打溝脇同点三塁打 「いい流れ」リリーフ6人で逃げ切る

2020年9月24日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回裏2死二塁、、木下拓の右越え適時二塁打で生還した平田を迎える与田監督

5回裏2死二塁、、木下拓の右越え適時二塁打で生還した平田を迎える与田監督

  • 5回裏2死二塁、、木下拓の右越え適時二塁打で生還した平田を迎える与田監督
◇23日 中日11―5ヤクルト(ナゴヤドーム)
 勝利への流れを切り開いたのは、与田監督が振った攻めのタクトだった。始まりは1点を追う2回1死二塁で打順が岡野に回った時だ。「代打・溝脇」。ベンチを出た指揮官がコールするとスタンドがどよめいた。
 「とにかく今日は総力戦でいこうと。点が取れるチャンスがあれば動こうと。何とか追いつきたい。その思いで送り出した」。内容が悪かったとはいえ、先発投手を2イニングで降ろしてまで送り出した溝脇は、期待に応え右中間への同点三塁打を放った。
 「自分のスイングがやっとできて、久しぶりにいいところで安打が出たので良かったです」。代打的中。指揮官は「素晴らしかった。今日はファームのゲームにも彼らは参加していたけど、ホントにいい流れを持ってきてくれた」とたたえた。
 3回には2番手の又吉が勝ち越しを許しながら、その裏、すぐに逆転した。攻めのタクトに乗ったかのように、打線が歳内に襲いかかっていった。打順が又吉に回ると代打・井領を送り出した。「試合がそういう展開になったし、今日は総力戦で、リリーフもしっかり全員使えるという状況だったので、ちょっとでもチャンスがあれば、不安があれば代えていく、というとこだった」。攻めを貫いた。6人の救援投手を惜しみなくつぎ込んだ。終盤は勝ちパターンの継投で勝った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ