J1名古屋・中谷 FKで壁役果たせず猛省「前に飛ばさないといけなかった」

2020年9月23日 23時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中谷進之介

中谷進之介

  • 中谷進之介
◇23日 J1リーグ戦第18節 G大阪2―1名古屋(パナソニックスタジアム吹田)
 名古屋グランパスは先制したが、後半に2点を奪われ、1―2でG大阪に逆転負け。今季5敗目(9勝3分け)で勝ち点を伸ばせなかった。
 DF中谷進之介(24)は2失点した後半を猛省した。特に後半8分のゴール前のFKでは、壁役としてボールに向かっていき、頭に当てたがはじき返せず。結果的にコースが変わったことで、同点弾を決められてしまった。
 中谷は壁の作り方に問題はなかったとした上で「僕がしっかりはじくというか、触ったならば前に飛ばさないといけなかった」と声を絞り出した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ