利賀中の生徒は手作りマスコット

2020年9月24日 05時00分 (9月24日 10時25分更新)
運転者に手作りマスコットを配る生徒=南砺市利賀村百瀬川で

運転者に手作りマスコットを配る生徒=南砺市利賀村百瀬川で

  • 運転者に手作りマスコットを配る生徒=南砺市利賀村百瀬川で
 秋の全国交通安全運動期間中の二十三日、南砺市利賀中の全生徒五人が手作りの交通安全マスコットを同市利賀村の二カ所で通行車に配った。
 毎秋恒例の地域協力活動。マスコットは県警マスコットの「立山くん」や疫病退散に御利益があるとされる妖怪アマビエなどのイラストと、「交通安全」の文字を手書きした吸盤付きミニプレート約六十個。
 利賀村百瀬川の国道471号では、一、二年生二人が市交通安全協会員や南砺署員と一緒に「気を付けてください」と声を掛けて手渡した。初めて参加した一年の松木和美さん(13)は「安全運転は大事」、二年の長谷英里子さん(14)は「事故をなくしたいから自分たちも呼び掛けたい」と話した。 (松村裕子)

関連キーワード

PR情報

富山の最新ニュース

記事一覧