福井県の感染拡大警報、きょう終了 東京への往来自粛解除

2020年9月24日 05時00分 (9月24日 05時00分更新) 会員限定
 県は新型コロナウイルスの「県感染拡大警報」を二十四日いっぱいで終了する。県内でカラオケ喫茶関係の感染拡大が落ち着き、十五日連続で新規感染者ゼロが続いているため。二十五日からは東京都への往来自粛が解除され、県内でのイベントの人数制限も緩和される。(尾嶋隆宏)
 警報は八月二十七日から、県独自の警戒レベルに基づき出されていた。急な感染拡大がない限り、県は注意報に移行せずに終了する方針。
 二十五日から緩和されるものの一つは、東京都への移動の制限。県は、東京都を全都道府県の中で最も厳しい「不要不急の往来自粛」地域としてきたが、今後は「往来を慎重に判断」すべき地域(感染拡大注意地域)に引き下げる。同地域は、直近一週間の十万人当たり感染者数が二・五人以上の都道府県を対象としていて、二十三日現在群馬、千葉、神奈川、愛知、大阪、沖縄の六府県も該当する。
 一方、イベントの人数制限は、国が四連休初日の十九日から緩和していたのと同じ内容を県内でも進める。大きな歓声、声援を前提としないクラシックコンサートや演劇、映画などは、収容可能人数五千人までなら収容率100%の入場も可能になる。歓声が飛び交うスポーツの試...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

新型コロナ(ニュース)の最新ニュース

記事一覧