中日今季初の5連勝! 高橋が3安打3打点 とどめはビシエド満塁弾 借金2に減らしさあ首位巨人戦

2020年9月23日 21時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回裏1死満塁、ビシエドが左越え本塁打を放つ

8回裏1死満塁、ビシエドが左越え本塁打を放つ

  • 8回裏1死満塁、ビシエドが左越え本塁打を放つ
◇23日 中日11―5ヤクルト(ナゴヤドーム)
 これぞ強竜だ。中日はヤクルトに逆転で勝ち、今季初の5連勝。借金は5日以来の「2」となった。
 序盤は乱打戦の様相だった。中日・岡野、ヤクルト・歳内の聖光学院高出身投手の投げ合いは、ともに早期KOと波乱の展開。そんな中、高橋が3安打3打点の活躍でチームに主導権をもたらし、8回には不振だったビシエドがとどめの満塁本塁打をたたき込んだ。
 投げては、3番手の藤嶋が4回から2イニングを無失点に抑え、試合を落ち着かせた。6回以降は勝ちパターンのリリーフ陣を次々投入。谷元、福、祖父江、R・マルティネスのリレーできっちり逃げ切った。これで6回終了時にリードしていた試合は22連勝となった。
 与田監督は「選手の頑張り、このひと言だと思います」と選手の奮闘をたたえ、25日からの首位・巨人との3連戦(東京ドーム)に向け、「とにかくこの勢いをしっかりと持続しながら戦っていきたい。それだけですね」と意気込みを語った。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ