本文へ移動

モンキーパーク、愛され5000万人 大垣の家族に年間パス

2020年9月24日 05時00分 (9月24日 05時00分更新)
園のキャラクターと記念写真に納まった川合さん一家=犬山市犬山の日本モンキーパークで(同園提供)

園のキャラクターと記念写真に納まった川合さん一家=犬山市犬山の日本モンキーパークで(同園提供)

 犬山市犬山の遊園地「日本モンキーパーク」の入園者が二十一日、五千万人に達した。節目の入園者となった岐阜県大垣市の川合慶(けい)さん(34)には、家族四人分の年間パスポートが贈られた。
 モンキーパークは一九六〇(昭和三十五)年五月に「犬山ラインパーク」の旧名称で通年営業を始めた。モンキーパークは「六十周年に合わせて五千万人を達成できた。これからも地域の方々に支えられ、末永く愛される遊園地でいられるよう精進する」と話した。
 限定五千枚の「五千万人入園達成記念 モンパまるごとチケット」をインターネット限定で十月に発売する。乗り放題券や催事館入場券などのセットで十月三十一日〜十一月三日に使える。中学生以上三千七百円、小学生三千三百円で通常より千円ほど安い。(問)同園=0568(61)0870
 (三田村泰和)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧