ヤクルト山田哲が初回先制2ラン!移籍後初勝利を目指す歳内をアシスト「いい角度で上がった」

2020年9月23日 19時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回表1死一塁、山田が左越え2ランを放つ

1回表1死一塁、山田が左越え2ランを放つ

  • 1回表1死一塁、山田が左越え2ランを放つ
◇23日 中日―ヤクルト(ナゴヤドーム)
 ヤクルト・山田哲人内野手(28)が初回に先制弾を放った。「3番・二塁」で先発出場し、中日先発・岡野から11号2ラン。内角の直球を左翼席最前部に運んだ。
 この日の先発は元阪神で四国IL・香川から新加入し、NPB復帰2戦目で移籍後初勝利を目指す歳内。山田哲は試合開始直後の援護弾を「強い打球を打つことを意識して打席に入りました。いい角度で上がってくれてよかったです」と振り返った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ