(38)ユーチューバーは結構大変 

2020年9月23日 05時00分 (9月23日 15時06分更新) 会員限定
筆者が運営しているユーチューブの「ひさむちゃん寝る」

筆者が運営しているユーチューブの「ひさむちゃん寝る」

  • 筆者が運営しているユーチューブの「ひさむちゃん寝る」
 昨年秋、私は「ユーチューバー」デビューした。ユーチューブは世界最大の動画共有サービスで、誰でも自由に自作動画を投稿できる。人気ユーチューバーとなれば、何億、何十億円と稼げる。今では子どもたちにとっての憧れの職業だ。
 それまで私はフェイスブックやツイッターなど、SNS(会員制交流サイト)で自身の活動を発信してきた。だが、文字や写真だけでは伝わらないことが多いと感じ、動画投稿にもチャレンジすることにした。
 チャンネル名は「ひさむちゃん寝る」。「ひさむ」は私の名前だが、「寝たきり社長」と名乗って活動している自分に親しみを持ってもらいたくて、そう名付けた。やるからには目標を持とうと思い、昨年末までにチャンネル登録者数を千人集めることを宣言。SNSで登録をお願いすると、知り合いたちが拡散に協力してくれ、約二カ月で目標を達成できた。
 ユーチューブでは、これまで私が出会ってきた方たちの活動も知ってほしいとインタビューも企画した。例えば、病院で子どもたちにパフォーマンスを披露して楽しませる「ホスピタルクラウン」の大棟耕介さん。私自身、四年前の入院中に誕生日をクラウンに祝ってもらい、うれしかったことも...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報