草潤中や飛騨市学園構想を紹介 国・県の教育関係者らオンライン討議

2020年9月23日 05時00分 (9月23日 12時15分更新) 会員限定
不登校などの課題について話し合う国と県の教育関係者ら

不登校などの課題について話し合う国と県の教育関係者ら

  • 不登校などの課題について話し合う国と県の教育関係者ら
 国や県の教育関係者らが、課題について話し合うオンラインのパネルディスカッション「『未来の教室』オンラインキャラバン×GIFU」が二十二日開かれた。県内の特色ある取り組みとして、岐阜市に来春開校する公立の不登校特例校「草潤(そうじゅん)中学校」や、飛騨市の「飛騨市学園構想」などの事例が紹介された。
 「未来の教室」は経済産業省の事業。その一環で教育とテクノロジーを組み合わせる「EdTech(エドテック)」の導入などを進めている。この日は「不登校」や...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

岐阜の最新ニュース

記事一覧