磯部、GI初V びわこプレミアムGIヤングダービー

2020年9月23日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
優勝し、同支部の選手と記念写真に納まる磯部誠(後列左から3人目)=びわこで

優勝し、同支部の選手と記念写真に納まる磯部誠(後列左から3人目)=びわこで

  • 優勝し、同支部の選手と記念写真に納まる磯部誠(後列左から3人目)=びわこで
 滋賀県・びわこボートのプレミアムGI「第7回ヤングダービー」は22日、最終日の12Rで優勝戦が行われ、2号艇の磯部誠(30)=愛知=が、2コースからコンマ13のSで差しを決めGI6回目の優出で初優勝。賞金1100万円を獲得して同ランクは18位へ順位を上げ、同時に来年3月・平和島で開催されるボートレースクラシックの出場権利も手にした。2着は2Mでの前競りをさばいた木下翔太、人気を集めた1号艇の上田龍星は3着に敗れた。
 磨き抜かれたテクニックがものいった。上田と木下の両サイドがゼロ台Sを踏み込む中、2コースの磯部はコンマ13のしんがりS。そんな状況でも1Mで渾身(こんしん)の差しハンドルをねじ込むとBSは先頭へ。「S勝負ではないと思った。1マークをしっかり回れば優勝のチャンスはあると思った」と世代屈指の旋回力を最後まで信じて、GI初Vのゴールを駆け抜けた。
 前身の新鋭王座を含めて9回の出場回数は最多。ヤングダービー卒業を迎えた今大会は選考勝率トップの実績を引っ提げ、初日ドリーム1号艇に選出されての参戦だった。「期限内(満30歳未満に出場権)に勝てたことはうれしいが、勝てるかもと思うとプレッシャーになるので意識はしていなかった」。V候補の一角として大きな注目を集めることへの重圧や責任を、強心臓で見事に克服した。
 11月に地元の蒲郡で開催されるチャレンジカップの出場はほぼ安泰だが「大きい大会で活躍できていない。一般戦だろうが大事にして(チャレンジC)へ行きたいと思っていた」と、年々、地力を強化するばかりの愛知の次世代エースが、グレードに関係なく謙虚に目の前を見据える。
 賞金1100万円を加算して獲得賞金は5000万円をオーバー。グランプリ初出場が狙える同ランク18位に浮上した。「グランプリは知らんプリ(笑)。(池田)浩二さんはGIを取ったとは言ってくれないと思うので、一つ一つの積み重ねと思っている」。SG9Vを誇る偉大な背中を追い掛けて、磯部はまだまだ強くなる。 (荒木翔吾)

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ