巨人菅野 2004年の近鉄・岩隈以来となる開幕戦からの12連勝はお預け…9回にデラロサが打たれ白星が消える

2020年9月22日 21時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回表2死一塁、菊池涼を見逃し三振に仕留めた巨人の菅野

8回表2死一塁、菊池涼を見逃し三振に仕留めた巨人の菅野

  • 8回表2死一塁、菊池涼を見逃し三振に仕留めた巨人の菅野
◇22日 巨人-広島(東京ドーム)
 球団タイ記録の開幕戦から11連勝をマークしていた巨人の菅野智之投手(31)が22日、東京ドームでの広島戦に先発し、8イニング3失点。勝利投手の権利を持ったまま降板したが、9回に救援のデラロサが同点に追い付かれたため、記録更新はお預けとなった。
 菅野は2―0の4回2死、広島の6番長野の3点本塁打で逆転を許したが、粘投。5回に4番・岡本の逆転2点本塁打で援護を受けた後は追加点を許さず、7奪三振でまとめた。
 開幕戦から無傷の12連勝を達成すれば、2リーグ制以降では2004年に近鉄(当時)の岩隈久志(現巨人)のプロ野球記録に並ぶ。菅野は前回登板で開幕戦からの連勝を11に伸ばし、1938年春にスタルヒンがマークした球団記録に並んだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ