本文へ移動

ハズれると勝つのに…またもやジンクス通り!! 師匠・杉本昌隆八段の「勝負メシ予想」がズバリ的中し、藤井聡太2冠は敗戦

2020年9月22日 21時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉本昌隆八段

杉本昌隆八段

 高校生棋士の藤井聡太2冠(18)=王位・棋聖=は22日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指された第70期王将戦挑戦者決定リーグ1回戦で羽生善治九段(49)に敗戦。藤井2冠の対局を巡っては、師匠の杉本昌隆八段(51)がテレビ番組で「勝負メシ」予想を的中させると勝率が下がる、という法則があったが、くしくも再びジンクス通りの結果となった。
 杉本八段の勝負メシ予想は日本テレビ系の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」での企画。今年6月8日~8月20日の12局のうち、藤井2冠は師匠が勝負メシ予想を外した10局で全勝した一方で、予想的中の2局は1勝1敗と勝率が下がっていた。
 杉本八段は22日の放送で勝負メシを「鳩やぐら」の「肉豆腐キムチ弁当」と予想し、これが的中。コメンテーターの野村修也・中大法科大学院教授からは「これで(藤井2冠が)負けたら、師匠は土下座ですね」と冗談っぽく指摘されていたが、またしても師匠の予想と、弟子の対局結果がちぐはぐな結果となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ