本文へ移動

藤井2冠先手で羽生九段と対局開始 王将リーグ1回戦

2020年9月22日 10時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤井聡太2冠

藤井聡太2冠

  • 藤井聡太2冠
  • 羽生善治九段
  • 王位戦第4局で藤井聡太棋聖(当時)が記した封じ手。ネットオークションで1500万円の入札となった
 注目カードで幕を開けた。将棋の藤井聡太2冠(18)=王位・棋聖=と羽生善治九段(49)が激突する第70期王将戦挑戦者決定リーグ1回戦は22日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で始まった。持ち時間は各4時間で使い切ると1分将棋。先後はあらかじめ決められており、藤井2冠の先手。戦型は横歩取り△3三角型に進んでいる。
 藤井2冠が今年度中にもう1冠プラスできる可能性のあるのが王将戦。羽生九段のほか、広瀬章人八段(33)、豊島将之竜王(30)=叡王と合わせ2冠、永瀬拓矢王座(28)、木村一基九段(47)、佐藤天彦九段(32)という棋界最強メンバーが集うリーグだけに厳しい戦いが待ち受けるが、ここを勝ち抜いて渡辺明王将(36)=名人・棋王と合わせ3冠=との七番勝負を制すれば、高校生3冠が現実のものとなる。
 羽生九段は対藤井戦0勝4敗と分が悪いが、19日の第33期竜王戦挑戦者決定三番勝負第3局で丸山忠久九段(50)に勝利。タイトル通算100期の大記録を懸けた番勝負へ2年ぶりの登場を決めており、いい流れでこの一戦に臨む。レジェンドの意地を見せたいところでもあり、どんな秘策を用意しているかに注目が集まる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ