【三重】鈴鹿厚生病院で3人目の死者 県内では6人目

2020年9月22日 05時00分 (9月22日 11時06分更新) 会員限定
 県は二十一日、クラスター(感染者集団)が発生している鈴鹿厚生病院(鈴鹿市)の入院患者で、感染が判明していた七十代女性が二十日に死亡した、と発表した。症状が急激に悪化したという。
 この病院では二十日までに入院患者や職員ら六十六人の感染が確認されており、死者は三人目。県内でのコロナ関連の死者は六人目となった。
 県内で二十一日、新たに三十〜五十代の男女四人が新型コロナウイルスに感染したことが判明した。四日市市は十八日ぶりに新規感染者を発表した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報