JOC女子ジュニアケイリン 市田が準優勝

2020年9月22日 05時00分 (9月22日 09時37分更新)
女子ジュニアケイリンで準優勝した市田=長野県松本市の美鈴湖自転車競技場で

女子ジュニアケイリンで準優勝した市田=長野県松本市の美鈴湖自転車競技場で

  • 女子ジュニアケイリンで準優勝した市田=長野県松本市の美鈴湖自転車競技場で

 自転車トラック種目の全日本選手権大会(ジュニア)・JOCジュニアオリンピックカップ最終日は二十一日、長野県松本市の美鈴湖自転車競技場で行われ、県勢は女子ジュニアケイリンで市田ひかり(科学技術高)が準優勝した。
 二年前の福井国体など多くの全国大会で優勝した龍生都(りゅうと)さん(現中央大)が兄だ。「兄が福井国体で優勝して、自分も格好良くなりたい」と転向した。中学時代は吹奏楽部。体力に磨きをかけ、二年生の秋に花開いた。「優勝を目指していただけに悔しい。来年は福井でインターハイが開かれるから優勝してリベンジしたい」と闘志を燃やした。
 県勢はこのほか、男子ジュニアスプリントの小谷寛待(科学技術高)が4位、男子ジュニアポイントレースの片岡遼真(同)が8位だった。 (谷出知謙)

関連キーワード

PR情報

福井発の最新ニュース

記事一覧