菅政権支えるカギはパンケーキにあり!? 首相の好物、食べてみました

2020年9月22日 05時00分 (9月22日 05時01分更新) 会員限定
菅義偉首相が大好物というホテルのパンケーキ=東京都千代田区のホテルニューオータニで

菅義偉首相が大好物というホテルのパンケーキ=東京都千代田区のホテルニューオータニで

  • 菅義偉首相が大好物というホテルのパンケーキ=東京都千代田区のホテルニューオータニで
 菅義偉首相といえばパンケーキ。中でも首相官邸から車で約五分の場所にあるホテルニューオータニ(東京都千代田区)のパンケーキが好きだという。値段はなんと二千八百円。七十一歳の新首相の大好物を五十代の記者も食べてみた。 (古川雅和)
 注文してから約十分、香ばしいにおいを漂わせながら「特製マロンパンケーキ2020」が現れた。直径一一・五センチ、厚さ五センチの二枚のパンケーキの間にようかんのジュレが敷かれ、中心に、どんとクリーム。「こんなに大きいものを、食べきれるのか」。甘ったるさへの警戒心も高まる。
 だが、不安は一口目で消えた。ふわふわのパンケーキは、ほんのりした甘さでフォークがすすんだ。ただ、ようかんジュレとクリームはそのまま食べるのは大変だ。飲み物、できれば苦いものが欲しくなる。
 おいしいだけあって価格もなかなか。二千八百円に税とサービス料が加わる。岩手県産の雑穀やスーパーフードのカスカラパウダーなど、こだわりの食材がつくる上品な味と口当たりの良さなら、そのくらいの価格になるだろう。
 だが、牛丼チェーン店なら一週間、毎日昼に並盛りを食べてもおつりがくる。普通のサラリーマンなら、やはり数カ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

特報の最新ニュース

記事一覧