大きなアップルパイ完売 松阪のベルファーム、県産小麦使い手作り

2020年9月22日 05時00分 (9月22日 05時00分更新) 会員限定
県産の小麦などを使って作られた大きなアップルパイ=松阪市伊勢寺町の松阪農業公園ベルファームで

県産の小麦などを使って作られた大きなアップルパイ=松阪市伊勢寺町の松阪農業公園ベルファームで

  • 県産の小麦などを使って作られた大きなアップルパイ=松阪市伊勢寺町の松阪農業公園ベルファームで
 こんがりと焼き上げられた縦三十五センチ、横四十五センチの大きなアップルパイが二十日と二十一日、松阪市伊勢寺町の松阪農業公園ベルファームで販売された。
 十九〜二十二日の「信州&地元産フルーツフェア」の一環。アップルパイは生地に県産小麦「あやひかり」などを使い、長野県産の大ぶりなリンゴ六個分をたっぷりと包んだ。公園の事業本部長の有滝和敏さん(47)は「材料はすべて国産で、生地から手作りした」とこだわりを話した。
 一日三回に分けて販売され、それぞれ二台分の四十八カットが用意されたが、三十分弱で完売する人気ぶり。市内に住む祖父母らと訪れた岐阜県可児市の河島咲月さん(11)と慧典君(9つ)のきょうだいは「大きくて、おいしそうなにおいがした。家族で食べたい」と笑顔だった。
  (望月海希)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報