本文へ移動

光の幻想、夜空にふわり 蒲郡で「スカイランタンフェス」

2020年9月22日 05時00分 (9月22日 05時00分更新)
竹島橋を背景に夜空に浮かぶスカイランタン=蒲郡市竹島町で

竹島橋を背景に夜空に浮かぶスカイランタン=蒲郡市竹島町で

 明かりをともした風船を夜空に浮かべる「スカイランタンフェスティバル」が十九、二十両日の夜、蒲郡市内三カ所で開かれた。新型コロナウイルスの影響による自粛で疲れた心を癒やしてもらおうと、市観光協会が初めて企画した。
 ラグーナテンボスのフェスティバルマーケット前、竹島園地、西浦温泉パームビーチの三会場で、市内外から申し込んだ約百人ずつが参加した。スカイランタンは発光ダイオード(LED)入りの風船にヘリウムガスを詰めてあり、参加者が手元から糸を繰り出して凧(たこ)のように浮かべる。
 竹島園地では二十日、新型コロナの犠牲者に黙とうをささげた後、一斉にランタンを揚げた。竹島に架かる橋の明かりを背景に、ほのかな光を放つランタンが次々と浮かび、来場者から「きれい。幻想的」と声が漏れた。 (木下大資)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧