本文へ移動

”ライトゴロ”でプロ初安打が幻に…巨人・直江ガッカリ…広島・鈴木誠の鬼肩にやられた

2020年9月21日 19時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回裏、直江が右ゴロに倒れる

2回裏、直江が右ゴロに倒れる

◇21日 巨人―広島(東京ドーム)
 巨人の先発直江大輔投手(20)のプロ入り初安打が幻になった。松原のソロで2―2に追い付いた2回2死。広島の先発九里の143キロ直球をとらえると打球はライト前へ。しかし、ここで右翼・鈴木誠が猛チャージし、鬼肩を披露。矢のような送球が一塁へ届き、あえなくライトゴロになった。
 高卒2年目の直江はプロ初勝利を目指しプロ入り3度目の先発。1回に田中に2ランを浴び先制を許したが、粘りの投球を見せている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ