ブレイディ移籍後初勝利!バッカニアーズ地元開幕戦に先発し、貫禄プレーでファン魅了

2020年9月21日 19時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
移籍後、初勝利のブレイディ(AP)

移籍後、初勝利のブレイディ(AP)

  • 移籍後、初勝利のブレイディ(AP)
 ◇20日 NFL第2週 バッカニアーズ31―17パンサーズ(タンパ)
 20シーズン過ごしたペイトリオッツからバッカニアーズへ移籍したQBトム・ブレイディ(43)が地元開幕となるパンサーズ戦に先発し、今季初勝利に貢献した。スーパーボウルを6度制しMVPにも3度選出されたスーパースターは、パス35回中23回成功217ヤード、1TD1インターセプトと安定感のあるプレーを見せた。
 「少し良くなった。目標としている域にはまだ遠いから、練習を続けなければ」と、ブレイディ。13日に行われた開幕戦のセインツ戦では2インターセプトを喫して敗れたが、ここから本領を発揮していく。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ