本文へ移動

ロッテが首位に再び1.5差 延長10回のピンチも井口監督「任せているので」沢村を続投

2020年9月21日 11時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロッテ・井口監督

ロッテ・井口監督

 ◇20日 日本ハム3ー5ロッテ(札幌ドーム)
 ロッテが延長10回の末に逆転勝ちし、連敗を2でストップ。首位ソフトバンクとのゲーム差を1・5に再び詰めた。13日から8連戦が続いていたが、4勝4敗でしのぐことができた。
 井口監督も「何とか乗り切ったかな。来週からも大事な試合が続くので、いい形で次の試合に入れると思う」と白い歯を浮かべた。
 9回表に相手の送球エラーで同点に追い付き、その裏に守護神・益田を起用。2点の勝ち越しに成功した直後の延長10回には連投ながら巨人から移籍した沢村を投入した。新天地で初のセーブ機会だったが、2死を奪ってから3連続四球を与えるなどピンチを招いた。それでも指揮官は「任せているので」と最後まで投げさせた。
 勝利投手となった益田が今季2勝目。沢村は巨人時代の昨年5月17日の中日戦(ナゴヤドーム)以来、492日ぶりのセーブをマークした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ