今季6度目の完封勝ちも辛勝…FC東京GK林 堅い守備、安定した試合運びで「1点取れば勝てるようになりたい」

2020年9月21日 06時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
後半、好セーブを見せるFC東京のGK林

後半、好セーブを見せるFC東京のGK林

  • 後半、好セーブを見せるFC東京のGK林
◇20日 J1第17節 FC東京1―0仙台(味の素スタジアム)
 
 4戦ぶり今季6度目の無失点勝利(無失点自体は7度目)にも、GK林彰洋(33)は「キックの付け所で迷うことが多かった。ボールの収まるところをつくれず、落ち着いた展開にさせてもらえなかった。守る時間がかなり長かった」とスコア以上の辛勝だったことを明かした。
 
 シュート精度が悪く、最後の崩しの部分でも雑な部分が目立つなど、2点目が遠かったこともあり「センターバック、サイドバックが体を張って何とか耐えてくれていた」のが実情。薄氷を踏む思いで手にした勝ち点3だった。
 
 超過密日程の中、固定メンバーで試合ができないつらさはあるが「だから勝てないでは許されない」。堅い守備、安定した試合運びで「1点取れば勝てるようになりたい」とチームとしてのさらなる“成熟”を今後の課題に挙げた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ