本文へ移動

ルマンは中嶋一貴のトヨタ8号車が3連覇!世界3大レースで日本人2人が同一シーズンに制するのは初の快挙!

2020年9月20日 22時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ルマン24時間でゴールする中嶋一貴らのトヨタ8号車(AP)

ルマン24時間でゴールする中嶋一貴らのトヨタ8号車(AP)

8月に佐藤琢磨がインディ500制す

 世界耐久選手権(WEC)第7戦「第88回ルマン24時間レース」は20日、仏ルマン郊外のサルトサーキットでゴールを迎え、中嶋一貴(35)らが駆るトヨタの8号車が3連覇を果たした。8月には米インディ500で佐藤琢磨が2017年に次いで自身2度目の優勝を果たしており、世界3大レースで日本人2人が同一シーズンに制するのは初めて。
 ルマンでは1995年に関谷正徳、2002年に荒聖治が優勝している。世界3大レースはルマン、インディ500、F1モナコGPを指す。
 19日にスタートしたレースはポールポジションからスタートした小林可夢偉らのトヨタ7号車が総合首位を守っていたが、12時間経過後にターボトラブルに見舞われ、修復のため後退。代わって中嶋らの8号車がトップに立った。可夢偉らの7号車はトップから6周遅れながら総合3位でフィニッシュした。
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今年は開催が6月から9月に変更。史上初の無観客で実施された。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ