サポーターはしびれ切らし「大槻シュートしろって言え」…J1浦和は川崎に力負け 今季3度目の無得点

2020年9月20日 22時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
浦和・大槻監督

浦和・大槻監督

  • 浦和・大槻監督
◇20日 J1第17節 浦和0―3川崎(埼玉スタジアム)
 浦和は力負けだった。試合開始から川崎に圧力をかけながらも守備を崩され、3失点を喫した。今季3度目の完封負けに、大槻毅監督(47)は「3点取られて悔しい思いが強い。負けるにしても、1つスコアを動かしたかったのが本音」と唇をかんだ。後半は押し込まれる展開が続き、しびれを切らしたゴール裏のサポーターから「大槻、シュートしろって言え」と心ない罵声も飛んだ。
 首位を独走する川崎と力の差は歴然。ただ、西川は「試合に負けたからといって、やり方を変えるのは良くない。同じ方向を向いてやっている自信はある」と前を向いた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ