本文へ移動

認知症、理解を大切に 朝倉氏遺跡唐門でライトアップ

2020年9月21日 05時00分 (9月21日 05時00分更新)
彼岸花が秋風に揺れる中、オレンジ色に浮かび上がった唐門=福井市の一乗谷朝倉氏遺跡で

彼岸花が秋風に揺れる中、オレンジ色に浮かび上がった唐門=福井市の一乗谷朝倉氏遺跡で

 認知症の人と笑顔で暮らす社会に−。「世界アルツハイマーデー」(二十一日)に向け、福井市城戸ノ内町の一乗谷朝倉氏遺跡の唐門が二十日夜、認知症理解のテーマカラーのオレンジにライトアップされた。二十一日も午後六〜九時に実施する。
 福井東ロータリークラブ(RC)や市、「認知症の人と家族の会県支部」などが企画し、今年で二年目。県長寿福祉課によると、県内の患者数は四月一日時点で二万九千人。同RCの岸田清会長(73)は「高齢化社会にあって、認知症は人ごとではない。互いの理解が大切だ」と呼び掛けた。
 日没を待ちかねたように、唐門と背後のウスズミザクラ、遺跡内のイトザクラが、オレンジ色の照明で幻想的に浮かび上がった。サックスや二胡(にこ)の生演奏が響く中、地元の子どもらが作ったカップの中でロウソクの炎が揺れて「オレンジハート運動」をPRした。
 二十一日は「認知症の人と家族の会」が午後六時四十分〜七時二十分に、唐門を含む全国三十四カ所のライトアップを、動画投稿サイト「ユーチューブ」で生配信する予定。 (北原愛)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報