本文へ移動

原巨人は‘’サカマル‘’が躍動して連敗を3でストップ…丸は16号&17号で3打点 緊急先発の畠が6回無失点で2年ぶり白星

2020年9月20日 16時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回表2死、丸が2打席連続本塁打を放つ

6回表2死、丸が2打席連続本塁打を放つ

◇20日 DeNA0-5巨人
 巨人は先発の畠世周投手(26)が6イニング2安打無失点の好投で2年ぶりの白星となる今季初勝利を飾り、チームの連敗を3で止めた。当初はメルセデスが先発する予定だったが、左肘の違和感のため前日の予告先発発表後に回避が決定。急きょ白羽の矢が立った畠が150キロの直球を武器にDeNA打線をねじ伏せた。
 その畠の後を受け7回からは救援陣が好リリーフ。高梨→中川→デラロサとつなぎ強力DeNA打線を分断した。一方の打線は1回に坂本の適時中前打で先制。4回には丸が16号2ラン、さらに6回には2打席連続となる17号ソロを放つ。その丸は「畠が頑張っていたので、何とか追加点をとってあげたかった」と振り返った。やはり屋台骨を支える“サカマル”が機能すれば原巨人は強い。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ