本文へ移動

日本ハムの金子弌大が2イニングで緊急降板 右足を気にするしぐさ…木田投手コーチに促されてベンチへ

2020年9月20日 15時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2イニングで緊急降板した日本ハムの金子

2イニングで緊急降板した日本ハムの金子

◇20日 日本ハムーロッテ(札幌ドーム)
 日本ハムの金子弌大投手(36)が20日、札幌ドームでのロッテ戦に先発登板したが、2イニングを投げたところで緊急降板した。
 3点をリードしていた2回2死走者なしでロッテの6番井上に8球目を投げたところで、右足周辺を気にするしぐさをした。すぐに木田投手コーチがマウンドに駆けつけたが、本人は続投を志願。その後に2球を投じ、空振り三振に抑えた。
 3回に入る直前も一時はベンチ前でキャッチボールを始めたが、木田投手コーチに促されてベンチに下がり、2番手の村田透投手に交代。金子は打者6人に対し、35球を投げて無安打3奪三振だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ