本文へ移動

原巨人は‘’サカマル‘’が機能…坂本が先制タイムリー&丸が16号2ランで主導権 坂本は通算2000安打まであと「45」

2020年9月20日 15時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回表1死三塁、坂本が先制の中前適時打を放つ

1回表1死三塁、坂本が先制の中前適時打を放つ

◇20日 DeNAー巨人(横浜)
 巨人の坂本勇人内野手(31)が先制打を放った。1回1死三塁。1ボールからDeNAの先発大貫の144キロ直球を中前に運んだ。
 この打席の初球で吉川尚が二盗に成功。さらに捕手の送球エラーで一気に三塁にすすんでいた。「(吉川尚が)楽な状況にしてくれたので思い切っていけました。先制できて良かったです」とコメントした。軽い体調不良のため17、18日の阪神戦(東京ドーム)を欠場したが、これで2試合連続安打と元気な姿を披露。通算2000安打まであと「45」とした。
 坂本が打てばこの男も黙っていない。丸佳浩外野手(31)が4回に貴重な追加点となる16号2ラン。サカマルが機能して主導権を握った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ