松島幸太朗がフランス移籍後初トライ 現地実況も興奮!?…リプレイ4度の注目度 欧州チャンピオンズカップ

2020年9月20日 12時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松島幸太朗(AP、資料写真)

松島幸太朗(AP、資料写真)

  • 松島幸太朗(AP、資料写真)
 昨年のラグビーW杯で日本代表8強進出に大きく貢献し、今季フランスのクレルモン・オーヴェルニュに移籍した松島幸太朗(28)が19日(日本時間20日未明)、本拠地クレルモンで行われた欧州チャンピオンズカップ準々決勝のラシン戦にFBで先発フル出場。チームは27ー36で敗れたが、自身はフランス移籍後初トライをあげた。
 クレルモンは序盤から相手にリードを許し、前半は8ー24の劣勢で折り返す。後半に入り徐々に反撃。松島は15ー33で迎えた後半29分、相手ゴール前に攻め込んだ場面でパスを受けると、鋭いステップで相手タックル1人をかわしてゴールポスト左にトライ。現地の中継では「日本から来た松島がトライ」と強調して実況。4度もリプレイを流すなど注目度の高さをうかがわせた。
 松島は試合後、事務所を通じ「苦しいところでチームがつないでくれたボールを自分が決めることができて良かった。今季はチームが若返っているので(敗戦は)しょうがない。これからもっとタフな戦いが続くので、ミスを少なくして、最後までチームのスタイルを出していけるようにしたい」とコメント。
 6日の初戦で痛めた内転筋も順調に回復し、試合中は松島がボールを持つたびにスタジアムの歓声が沸いた。最近は市内のスーパーで声をかけられるほどクレルモンの町で認められてきたという松島。次戦はTOP14(仏1部リーグ)のアジャン戦で、リーグ戦の初トライと勝利を目指す。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ